スマイルダイアリー

反対咬合08.06.17

 

fusei01.jpg fisei02.jpg fusei03.jpg

こんにちは、京都の くす矯正歯科医院 楠です。

今日は反対咬合について少しお話したいと思います。

一概に反対咬合と言っても歯の軸による機能的なもの、と骨格的なものにわかれます。

骨格的なものは基本的には成長が終わったあと外科手術を併用する矯正治療が一般的です。

しかし幼少期の機能的な反対咬合も放置しておくと骨格的なものに移行する可能性がすごく高くになります。

だから反対咬合に対する処置は比較的早くに行う必要がありますが、やはり成長を追いながら行うので長期間の治療になります。

しかし子供さんでも成人の方でも前歯のかぶさりが反対になっているのが治るとすごく明るくなります。

  • ご予約・ご相談
  • 見えない、取り外せる矯正装置 インビザラインのご紹介

【診療カレンダー】

  • 無料初診相談
  • 歯科用CT(3Dレントゲン)
医療法人くす矯正歯科、所在地図

京都市下京区烏丸通松原上る因幡堂町713
井筒 因幡町ビル4F

  • 見えない(目立たない)矯正装置のご紹介
  • 子どもの矯正装置特集
  • 当院がメディアに紹介されました!
  • 患者様の声
  • 「矯正治療一問一答」院長の院長の楠元就が矯正治療に関する素朴な疑問にお答えいたします。
  • スマイルダイアリー
  • 歯科衛生士募集中!
  • 公益社団法人 日本臨床 矯正歯科医院
ページTOPへ