「矯正治療一問一答」院長の院長の楠元就が矯正治療に関する素朴な疑問にお答えいたします。
  • 何歳から歯列矯正をすればいいですか?15.04.07

    00057ab5_090910130933.jpg

    厳密に言えば、矯正治療を開始する時期は、年齢や歯並びの状態だけでは決めることができません。ご本人の骨格の問題、ご両親の骨格の特徴、習癖や成長の度合い、健康状態などによって開始する時期は変わります。状況を早めに把握しておくことで、最適な治療開始時期を決定することができるからです。

    「個々人により、最適な開始時期が異なる」ということを踏まえた上で、矯正治療は「早期初期治療」、「Ⅰ期治療」、「Ⅱ期治療」の3つに分かれます。


    「早期初期治療」は3歳から5歳頃に開始する治療です。特に反対咬合(受け口)の場合、取り外し型の装置を利用した治療が有効です。取り外し可能な装置で就寝時のみ装着すれば良いので、お子様の負担も少なくてすみます。


    「Ⅰ期治療」は、6歳頃から9歳頃に開始する治療です。この時期の口腔内は、ちょうど永久歯が生え始め、"混合歯列"という乳歯と永久歯が混在して生えている状態です。「Ⅰ期治療」によって、次の段階へ進む(永久歯が生えそろう)ための準備を整えるイメージの治療です。


    具体的には、お子様の成長を利用して、骨格のズレを治したり歯列のアーチを拡げたりしていきます。それと同時に指しゃぶり、舌の癖、体癖(頬杖をつくなど)など歯並びに影響する悪い習癖を治す治療も行います。「Ⅰ期治療」を行なうことで、永久歯が生え揃うスペースを確保できるため、歯を抜かずに治療をする可能性が高くなるなどのメリットもあります。


    「Ⅱ期治療」はすべて永久歯に生え変わる12歳頃から大人の方にも行なう矯正治療です。皆さんが"矯正治療"と聞いて思い浮かべる、ブラケットとワイヤーを使ったおなじみの治療方法です。歯ひとつひとつにブラケットを取り付けて、ワイヤーの負荷によって歯を正しい位置に誘導する治療です。


    成長や歯の生え変わりには個人差があるので、必ずしも早く始めれば良いというものではありません。冒頭でも書いた通り、お子様の場合は7歳頃までに一度、矯正医のチェックを受けて治療の開始時期を明確にしておくことが大切です。また成人の方(12歳頃~)の場合、歯並びが気になった時点で矯正医に相談していただくのが良いのではないでしょうか。


    当院では初診相談を無料で行なっておりますので、お子様やご自身の歯ならびが気になる方はお気軽にお申込み下さい。


    院長 楠 元就
    (日本矯正歯科学会認定医)

    当院では歯列矯正の無料初診相談を行なっております。まずはご自身の歯ならびの現状を確認してみませんか?お申し込みは、こちらからどうぞ。



  • 歯ならびが悪いままだと困りますか?15.03.06

    pixta_9658883_M.jpg

    歯科矯正治療に興味を持たれる方は"歯ならびが悪い状態"というのは"見た目"の問題として気にされていらっしゃる方が多いのでは無いでしょうか?実は歯ならびが悪いままにしておくことの問題点としては、大きくふたつに分けることができます。ひとつは多くの方が気にされている見た目=審美面の問題です。もうひとつは、身体の一部として歯が持っている機能に関する問題=機能面の問題です。


    まず、歯ならびが悪いことで起こる審美面での問題についてですが、これについては医療面での問題というよりも、どちらかと言えば個人個人が持っている価値観や考え方といった心理面と大きく関係していると言えます。分かりやすい事例を挙げるとすれば、欧米人と日本人の"八重歯"に対する印象です。欧米では八重歯=ドラキュラや悪魔というイメージからスグに矯正治療をして治してしまいます。一方、日本では八重歯はチャームポイントとして前向きに捉えられることも少なくありません。


    審美面だけで言えば、あなたの価値観において"気にならない"あるいは"チャームポイント"として捉えているのであれば、そのままでも問題点はありません。一方、自分自身は気にならないとしても、国際的な仕事をされている方や欧米人の方々と接する場面の多い方は、"歯ならびが悪い状態"を解決しておくほうが、より良い印象を持ってもらえるのではないでしょうか。


    一番放っておいてはいけないのは、「すごく気になっているのに、そのままにしている」ことです。「歯並びを気にして口を開けて笑うのが苦手」といった状態でずっといることは精神的にもあまり良くないのではないでしょうか。


    次に機能面での問題です。どちらかと言えば、この機能面での悪影響のほうが重要です。"歯ならびが悪い状態"を難しい言葉にすると"不正咬合"と言います。つまり、"かみ合わせが正しくない"ということです。不正咬合による身体的な悪影響については、一般的には次のようなものが挙げられます。


    ・食べ物をうまく噛むことができない。
    ・食べ物をうまく飲み込めない。
    ・うまく発音ができない。
    ・顎の成長に悪影響が出る。
    ・顔のゆがみ
    ・虫歯になりやすくなる。
    ・歯周病になりやすくなる。


    もちろん、必ずしもこれらは全てが起こるわけではありませんが、不正咬合により起こりうる可能性がある身体的な悪影響だと考えて下さい。いずれにしても、不正咬合は"かみ合わせが良くない状態"ですので、現在のお口の中の問題にとどまらず将来的な歯の喪失や機能的なより一層の悪化につながります。歯並びの状態も悪化することが考えられますので、早めに治療を行なうほうが良いでしょう。


    特に成長期のお子様の場合、歯ならびをコントロールしやすい時期ですので、将来的な審美面・機能面の両面において、この時期に治療を開始することが最善です。


    院長 楠 元就
    (日本矯正歯科学会認定医)

    当院では歯列矯正の無料初診相談を行なっております。まずはご自身の歯ならびの現状を確認してみませんか?お申し込みは、こちらからどうぞ。



2 件みつかりました。

  • ご予約・ご相談
  • 見えない、取り外せる矯正装置 インビザラインのご紹介

【診療カレンダー】

  • 無料初診相談
  • 歯科用CT(3Dレントゲン)
医療法人くす矯正歯科、所在地図

京都市下京区烏丸通松原上る因幡堂町713
井筒 因幡町ビル4F

  • 見えない(目立たない)矯正装置のご紹介
  • 子どもの矯正装置特集
  • 当院がメディアに紹介されました!
  • 患者様の声
  • 「矯正治療一問一答」院長の院長の楠元就が矯正治療に関する素朴な疑問にお答えいたします。
  • スマイルダイアリー
  • 歯科衛生士募集中!
  • 公益社団法人 日本臨床 矯正歯科医院
ページTOPへ