矯正装置のご紹介

マウスピース型矯正装置 インビザライン

透明のマウスピース型の矯正装置です。取り外しが可能で、しかも色も透明なため、矯正治療していることはほとんどわかりません。

インビザラインを装着したところ

クリッピーC[ セルフライゲーションブラケット ]

従来の矯正装置よりも審美的であり、歯の移動が効率よく動き、患者さんの痛みや時間も大幅に軽減できるようになりました。

ホワイトワイヤーにより表側の装置をより自然に

一般的な金属色のワイヤーではなく”白色”のワイヤーを使用することで、表側からでもそれほど目立たず治療ができます。

コンビネーション[ 目立たない矯正 ]

正面
正面
上顎は裏側矯正
上顎は裏側矯正
下顎は表側矯正
下顎は表側矯正

上顎を裏側矯正、下顎を表側矯正で、口元の美しさをそこなわず矯正治療ができます。

裏側矯正装置(クリッピーL) [ 見えない矯正 ]

上顎
上顎
下顎
下顎

小型の裏側からの矯正装置です。より小型化されているので、舌に装置があたる気持ち悪さが軽減されています。

症例

  1. 治療前
    治療前

    上下歯列共に歯が並びきらず、ガタガタした状態になっています。

  2. 治療中正面
    治療中正面

    上下左右ともに第一小臼歯を抜歯し、犬歯を後方に移動し、裏側の矯正装置にて排列しています。

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)

小さなネジを歯茎の上から埋入することによって、歯の移動を容易に行うことができます。これにより、治療期間の短縮ができたり、抜歯を回避できる可能性が高くなります。

症例

  1. 治療前
    治療前

    上顎の歯が前にズレて、前歯が突出した状態になっています。

  2. 治療中
    治療中

    上顎の第一小臼歯を抜歯し、上顎後方部の骨にインプラントアンカーを植立し、それを固定源として前歯を後方に移動しています。

  3. 治療後
    治療後

    上顎の前歯の後方移動が終わり、上下歯列の排列、咬合の緊密化が終わって、矯正装置を撤去しました。